ビタミン|ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるビタミンの役割

ビタミン|ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるビタミンの役割

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるビタミン

ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれているビタミンは、体内でどのように影響をしているのでしょうか?

ビタミンとは?

ビタミンは、3大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物(糖質))が身体に取り込まれるのを助ける。

ビタミンは、有機物です。

※有機物:動植物体を構成している物質

ちなみにミネラルは、無機物です。

※無機物:水・空気・鉱物および無機化合物からなる物質

ビタミンは、全部で13種類(ビタミンAをα−カロテン、β−カロテンと分ける場合は14種類)

全てのビタミンは、ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれている。

ビタミンは、脂溶性と水溶性の2種類がある。


脂溶性ビタミン

水に溶けにくいビタミン。

たまに摂取すればいいビタミン。

ビタミンA(表面系)

ビタミンAが欠乏すると、角膜やニキビの表面系に影響を及ぼします。

  • 角膜
  • ニキビ

ビタミンD(骨系)
  • くる病
  • くる病:骨や軟骨が石灰化障害により、類骨が増加する病気。
    骨が成長する前の小児に発症するものをくる病という。
    類骨:石灰化していない骨器質

  • 骨軟化症
  • 骨粗鬆症

ビタミンE(女性向け)
  • シミ
  • ソバカス
  • 不妊
  • 流産
  • 生理痛
  • 冷え性

ビタミンK(血管系)
  • 鼻血
  • 出血
  • 血尿
  • 血液凝固

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは、毎日少しずつ取る必要がある。

ビタミンB
ビタミンC(血管系)
  • 壊血病
  • 血液
  • 出血
チアミン(ビタミンB1)
ナイアシン(ビタミンB2)
パントテン酸(ビタミンB5)
葉酸(ビタミンB9)

ミドリムシサプリ おすすめ

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリをお探しの方に向けて、
  • おすすめのミドリムシサプリ
  • 6種類のミドリムシ(ユーグレナ)サプリ お試し
をご紹介します。

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメント オススメ

関連ページ

ミドリムシ(ユーグレナ)から学ぶ栄養素の重要性
ミドリムシ(ユーグレナ)から学ぶ、栄養素の重要性、ブルーベリーは目に良いからと訊いて、何の躊躇もなく、素直に受け入れることができますか!?
ミドリムシ 効果|59種類の栄養素が体の各部分に及ぼす影響のこと
ミドリムシ効果というのは、ミドリムシに含まれる59種類の栄養素が体の各部分に及ぼす影響のこと。
完全栄養素のサプリ ミドリムシ|微量栄養素は毎日摂るのが理想
ミドリムシ(ユーグレナ)は、人間の完全栄養素のサプリです。微量栄養素とは、少量ながらも毎日摂るのが理想の栄養素です。ミドリムシは、それらを殆ど含んでいます。
ミドリムシ(ユーグレナ)59種類の栄養成分別 効能・効果
ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる59種類の栄養成分別、効果(効能)の解説。ミドリムシの栄養成分は相乗効果も多分に期待できます。
好き嫌い|食べ物の好き嫌いが多いことは栄養を摂れない内臓がいる
食べ物の好き嫌いが多いことは、栄養を摂れない内臓がいるということです。必要な栄養素をミドリムシで補うことで、体全体に栄養を行き渡らせることができます。
パラミロン 効果・効能|ミドリムシ(ユーグレナ)だけに含まれる成分
パラミロンとは、世界で ミドリムシ(ユーグレナ)だけに含まれる成分です。パラミロンの物凄い効果・効能を解説します。
オメガ3系脂肪酸 効果・効能|ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれる
ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれている、オメガ3系脂肪酸の効果・効能の解説。
アミノ酸 効果・効能|ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれる
ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる、アミノ酸の効果・効能の解説