オメガ3系脂肪酸 効果・効能|ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれる

脂質

脂質は、3大栄養素のひとつで、生きていくうえで欠かせないものです。

3大栄養素

  • 炭水化物
  • 脂質
  • タンパク質

脂質は、大きく飽和・不飽和脂肪酸に分けられます。

脂質

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸の特徴

  1. 常温で固まる
  2. 動物性脂質
  3. 摂りすぎると
    • 中性脂肪やコレステロールを増加させる
    • 高脂血症や動脈硬化をまねく危険がある
多く含んでいる食品
  • バター
  • ラード
  • 牛脂

不飽和脂肪酸の特徴

  1. 常温で固まりにくい
  2. 魚類や植物油に多く含まれている脂質
  3. 血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する
多く含む魚類
  • まぐろ
  • いわし
  • さんま
  • さば
多く含む植物油
  • オリーブ油
  • ゴマ油
  • シソ油
  • グレープシード油

ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれる

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる、オメガ3系

オメガ3系(ω-3・n-3)脂肪酸とは、最近テレビで非常に話題となっているオメガ3系食用油、エゴマ油やアマニ油でも、とても有名になりました。

テレビで取り上げられる度にスーパーからはエゴマ油とアマニ油が姿を消してしまいます。

エゴマ油やアマニ油には、α(アルファ)リノレン酸というオメガ3系脂肪酸が含まれています。

αリノレン酸は、体内でその一部がEPA(エンコサペンタエンサン)やDHA(ドコサヘキサエンサン)に変化するんです。

そのEPAやDHAが、血管年齢の若返りや血液のサラサラ効果、認知症の予防効果等が期待されて、エゴマ油やアマニ油がスーパーから姿を消しているんです。

しかし、これらEPAやDHAは、ミドリムシにも含まれているんです。

ミドリムシに含まれているオメガ3系脂肪酸は、EPA、DHAだけに限らず、その効果はEPAの10倍と言われているDPA(ドコサペンタエンサン)というものまで含まれているんです。

このように、ミドリムシには、テレビでオメガ3系脂肪酸が放映される度にスーパーで売り切れてしまうエゴマ油やアマニ油と同様のEPAやDHAが含まれているんです。

それだけでは無く、その効果はEPAの10倍と言われている、DPAまでもミドリムシには含まれているんです。

普段、ミドリムシを摂っていれば、テレビでオメガ3系脂肪酸の話題が放映されて、スーパーからエゴマ油やアマニ油が姿を消しても、全然慌てることはありません。

なぜなら、みどりむしにはEPAもDHAも含まれているからです。

ちなみに、DPAはエゴマ油やアマニ油には含まれていません。!!

ミドリムシ自体に含まれている成分なので、どのミドリムシサプリを摂っても、すべてのミドリムシサプリにEPA・DHA・DPAは含まれています。


いいね!・ツイッター よろしくお願いします

バナー原稿 560×220 (130225)imp

結局一番のおすすめはユーグレナの緑汁で決まり!