ミドリムシ(ユーグレナ)59種類の栄養成分別 効能・効果

ミドリムシ(ユーグレナ)59種類の栄養成分別 効能・効果

ミドリムシ(ユーグレナ)には、59種類の栄養成分が含まれています。

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれている栄養成分は以下の通りです。

  • アミノ酸18種類
  • 不飽和脂肪酸11種類
  • ビタミン14種類
  • ミネラル9種類
  • その他7種類

これらを合計すると、59種類となり、これらはすべて人間が生きていくのに必要な栄養素です。

これら、ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれている、59種類栄養素を人間の完全栄養素と言って、人間はミドリムシさえ摂っていれば生きて行けるとさえ言われています。

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるアミノ酸18種類

※.赤文字は、必須アミノ酸
必須アミノ酸:体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸(全9種類)

バリン

BCAA
肝臓で処理されない
筋肉に積極的に取り込まれる
エネルギー源

ロイシン

BCAA
エネルギー源
筋肉のタンパク質の分解を抑える

イソロイシン

BCAA
エネルギー源
筋肉の消耗を防ぐ
皮膚の回復を促進

アラニン

結合組織の主要材料
タンパク質が筋肉のエネルギー源になるのを促進
免疫力を高める

アルギニン

インスリンや成長ホルモンの分泌を増やす
免疫系の機能を助ける

リジン

筋肉の形成に影響
骨の発育を助ける
ウイルスの働きを抑制

アスパラギン酸

糖質を筋肉のエネルギーに変換するのを助ける
疲労回復
皮膚や毛髪の合成を促進

グルタミン酸

エネルギー源
脳での代謝やほかのアミノ酸の代謝に重要な働き

プロリン

筋肉のエネルギー源
筋肉の合成時の材料
コラーゲンの主要成分

スレオニン

肝臓への脂肪の蓄積を予防する作用を助ける

メチオニン

肝臓から毒性のある老廃物を取り去る
肝臓や腎臓の働きを助ける

フェニルアラニン

記憶力や注意力、気分の向上
食欲を抑える

ヒスチジン

赤血球、白血球の形成に欠かせない
貧血やアレルギー疾患、消化器系の潰瘍を改善

チロシン

神経伝達物質(ドーパミンなど)、甲状腺ホルモン、成長ホルモン、メラニンの材料

トリプトファン

鎮静作用を持つ神経伝達物質(セロトニン)のもととなる
成長ホルモンの分泌を刺激

グリシン

ほかのアミノ酸の合成を助ける
ヘモグロビンの材料
鎮静作用を持つ

セリン

細胞のエネルギー合成を促進
記憶力や神経系の機能、免疫力を高める

シスチン

組織の抗酸化反応を助ける
回復を促進
白血球の活性を高める
炎症を抑える

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる不飽和脂肪酸11種類

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAには赤血球などの血液中の成分をやわらかくする働きがあり、血液をサラサラにする効果があります。
また、DHAは動脈硬化の原因であるコレステロール値の上昇を抑える働きがあります。

EPA(エンコサペンタエン酸)

EPAには血小板が血管内で固まるのを防ぐ作用が備わっています。
EPAには、うつ状態を改善させる作用が示唆されたという結果が発表されました。

パルリトレイン酸

オレイン酸

リノール酸

リノレン酸

α-リノレン酸(アルファリノレン酸)を差す。
ω-3脂肪酸(オメガ3脂肪酸)

エイコサギエン酸

γ-リノレン酸

ARA(アラキドン酸)

ARAには、脳の機能低下を改善する効果があるということがわかってきました。
ARAとは、細胞膜をつくる主要な脂肪酸。
特に脳の中の海馬にも含まれているので、脳の働きに深く関わっているといわれている。

ドコサテトラエン酸

DPA(ドコサペンタエン酸)

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞の予防・改善
中性脂肪を下げる
HDLコレステロールを上げてLDLコレステロールを下げる
血糖値を下げる
高血圧を下げる
高脂血症を調整する
老人性痴呆症に期待大
DPAは、EPAの10倍以上の効果が期待できます。

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるビタミン14種類

α−カロテン(ビタミンA)

β−カロテン(ビタミンA)

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンB6

ビタミンB12

ビタミンC

ビタミンD

ビタミンE

ビタミンK1

ビオチン

葉酸

葉酸は、大腸癌・食道癌・すい臓癌のリスクを減らす効果
ビタミンB6、ビタミンB12と同時に摂ることにより、その効果はさらにパワーアップ
ミドリムシは、すべてを同時に摂取できる

ナイアシン

ナイアシンは、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3ともいいます。
糖質・脂質・タンパク質の代謝には、必要不可欠です。

パントテン酸

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるミネラル9種類

亜鉛

リン

カルシウム

マグネシウム

ナトリウム

カリウム

マンガン

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるその他7種類

パラミロン

クロロフィル

発がん防止効果・コレステロールの減少・貧血の予防と改善・消臭効果・殺菌効果

ルテイン

ルテインとは、カロテノイドという野菜や果物、海草などの食品に含まれる色素の一種です。
目の健康補助食品や、サプリとして注目されています。

ゼアキサンチン

GABA

プトレッシン

スペルミジン

ミドリムシサプリ おすすめ

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリをお探しの方に向けて、
  • おすすめのミドリムシサプリ
  • 6種類のミドリムシ(ユーグレナ)サプリ お試し
をご紹介します。

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメント オススメ

関連ページ

ミドリムシ(ユーグレナ)から学ぶ栄養素の重要性
ミドリムシ(ユーグレナ)から学ぶ、栄養素の重要性、ブルーベリーは目に良いからと訊いて、何の躊躇もなく、素直に受け入れることができますか!?
ミドリムシ 効果|59種類の栄養素が体の各部分に及ぼす影響のこと
ミドリムシ効果というのは、ミドリムシに含まれる59種類の栄養素が体の各部分に及ぼす影響のこと。
完全栄養素のサプリ ミドリムシ|微量栄養素は毎日摂るのが理想
ミドリムシ(ユーグレナ)は、人間の完全栄養素のサプリです。微量栄養素とは、少量ながらも毎日摂るのが理想の栄養素です。ミドリムシは、それらを殆ど含んでいます。
好き嫌い|食べ物の好き嫌いが多いことは栄養を摂れない内臓がいる
食べ物の好き嫌いが多いことは、栄養を摂れない内臓がいるということです。必要な栄養素をミドリムシで補うことで、体全体に栄養を行き渡らせることができます。
パラミロン 効果・効能|ミドリムシ(ユーグレナ)だけに含まれる成分
パラミロンとは、世界で ミドリムシ(ユーグレナ)だけに含まれる成分です。パラミロンの物凄い効果・効能を解説します。
オメガ3系脂肪酸 効果・効能|ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれる
ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれている、オメガ3系脂肪酸の効果・効能の解説。
アミノ酸 効果・効能|ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれる
ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる、アミノ酸の効果・効能の解説
ビタミン|ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるビタミンの役割
ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれているビタミンは、体内でどのような役割をしているのでしょうか?