不飽和脂肪酸(脂質)|ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる栄養素

脂質とは

脂質は三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)のひとつです。

最も効率の良いエネルギー源です。

人が生きていくうえで欠かせないものです。

脂質は、大きく飽和しぼうさんと不飽和しぼうさんに分けられます。

それぞれの性質は全く異なります。


飽和しぼうさん

常温で固まるのが特徴です。

動物性といわれている脂質です。

摂りすぎると、中性脂肪やコレステロールが増加します。

高脂血症や動脈硬化を招く危険があるといわれています。


多く含んでいるもの
  • バター
  • ラード
  • 牛脂など

不飽和しぼうさん

魚類や植物油に多く含まれている脂質

常温で固まりにくい

体内で液体であるということが特徴です。

血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるといわれています。


多く含んでいるもの
  • まぐろ
  • いわし
  • さんま
  • さばなどの魚類
  • オリーブ油
  • ゴマ油
  • シソ油
    • シソ油は、俗にいうエゴマ油のことですね
  • グレープシード油など

ミドリムシに含まれる

ミドリムシ(ユーグレナ)には、11種類の不飽和しぼうさんが含まれています。

ミドリムシに含まれる不飽和しぼうさんは、以下の通りです。


ミドリムシに含まれる不飽和しぼうさん
  • DHA(ドコサヘキサエンサン)
  • EPA(エイコサペンタエンサン)
  • パルミトレインサン
  • オレインサン
  • リノールサン
  • リノレンサン
  • エイコサジエンサン
  • アラキドンサン
  • ドコサテトラエンサン
  • DPA(ドコサペンタエンサン)
  • ジホモ-γ-リノレンサン

いいね!・ツイッター よろしくお願いします

バナー原稿 560×220 (130225)imp

結局一番のおすすめはユーグレナの緑汁で決まり!

 

不飽和脂肪酸(脂質)|ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる栄養素記事一覧

DHA ミドリムシ ユーグレナ

DHAは、主に青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸です。そのDHAですが、ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれています。ミドリムシに含まれている11種類の不飽和脂肪酸の中の1つです。体内では、EPA(エイコサペンタエン酸)から作られているようです。DHAとは?脳細胞膜に存在する海馬に多く集まっている海馬は、記憶や学習に関わっている海馬のDHAの量は、頭の良さに関わっている脳を活性化する脳の栄養素と呼ば...

EPA ミドリムシ ユーグレナ

EPA(エイコサペンタエン酸)とは?EPAは、必須脂肪酸血液の流れをスムーズにする。別名、IPA(イコサペンタエン酸)。血液の流れが滞ると、酸素二酸化炭素栄養分老廃物などの交換がうまく行われなくなる。体のあちこちに不具合が出る。血流が悪くなると、体の機能低下血圧上昇血管の詰まり・破裂のリスクが高まる。それらの症状を阻止するのがEPA。EPAは、血小板が寄り集まって固まってしまうのを防ぐ赤血球膜中の...