ミドリムシとは?|学名ユーグレナ・ラテン語で美しい目

ミドリムシ(ユーグレナ)とは?

ミドリムシは、学名をユーグレナといいます。

ユーグレナとは、ラテン語で美しい目という意味です。

ミドリムシの体長は、わずか0.05mm。

ミドリムシは、動物と植物の両方の特徴を持つ

植物の特徴
  • 光合成を行う
  • 光合成とは、二酸化炭素を炭水化物等に固定化して、酸素を作ることをいいます。
    ミドリムシは、光合成を行うので、

    • 太陽光
    • 二酸化炭素

    で育ちます。

  • 栄養分を体内に蓄える
動物の特徴
  • 細胞を変形させて移動する

しかし、ミドリムシは藻の仲間です。

ミドリムシ関連の主だった歴史

ミドリムシが地球上に誕生したのは、今から5億年も前です。

1660年代にミドリムシは、オランダのアントニ・ファン・レーウェンフックにより発見されました。

1950年代には、アメリカのメルヴィン・カルヴィンという人が、ミドリムシ等を用いた光合成による炭素固定反応を解明したそうです。

カルビン・ベンソン回路というそうですが、1961年には、ノーベル化学賞を受賞したそうです。

1970年代には、アメリカ航空宇宙局(NASA)が、宇宙開発の視点でミドリムシに以下の内容で注目。

  • 宇宙での挙動を見る際の代表的な生物の1つとして、ミドリムシが選ばれた
  • ミドリムシが太陽光と二酸化炭素で育つことができること
  • 乗務員の呼吸によって出た二酸化炭素がミドリムシの成長を促し、結果として酸素が得られる

2005年には、(株)ユーグレナが世界初となるミドリムシの食品としての屋外大量培養に成功しました。

体内でミドリムシが動き回る

この間、テレビを観ていたら、ミドリムシがクイズ番組で出題されていました。

それを観た人たちは、一斉にミドリムシサプリ(サプリメント)を飲むと、お腹の中でミドリムシが動き回るというイメージを抱いていました。

そのようなツイートが、たくさんありました。

ミドリムシサプリ(サプリメント)に使用されているミドリムシは、シーモンキー(古ッ!!)ではないので、体内で活き返るものではありません。

既に乾燥されており、必要な栄養分になっているので、体内でウヨウヨと動き回るものではないんです。

ミドリムシの生産効率

ミドリムシの生産効率は、稲の約80倍と言われています。

ミドリムシが、光合成をして二酸化炭素を固定化し、酸素を作りだす生産効率が凄いようです。

地球温暖化対策

この二酸化炭素の固定能力の高さが、地球温暖化対策にとても有望であると期待されています。

行く末は、ミドリムシを大量培養する巨大プールを、石垣島だけに限らず、地球規模で世界に展開することが考えられています。

ミドリムシの生存能力

ミドリムシは、高濃度の二酸化炭素の中という過酷な環境下でも成長していける生存能力を持っています。

大気中の約1000倍という高い二酸化炭素濃度の気体を通気した中でも、元気に生育していく適正能力を持っています。

ミドリムシの大量培養

ミドリムシは、1匹のミドリムシが1ケ月で10億匹に増やすことができるそうです。

これって、1日に倍々で増えて行く計算になるんですよ!!。

子供の頃に、「1日目に1円、2日目に2円、3日目に4円、4日目に8円と貯金をしていくと、1ケ月幾ら貯金ができるか?」というクイズを出されたことありませんでしたか?

答えは、30日で10億7374万1823円貯金できるんですよ!!

これと同じようにして、ミドリムシは、石垣島ファームで大量培養することが可能なんです。

ミドリムシの59種類の栄養素

ミドリムシに含まれる59種類の栄養素が人間の完全栄養素と呼ばれていることは、もうかなりの人が知っていることではないかと思います。

そうは言っても、未だにミドリムシのことをユーグレナということを知らない人がたくさんいるので、興味が無い人にとっては、全く関心が無いことなのかもしれません。

ミドリムシには、人間に必要な栄養素がすべて揃っているので、人間の完全栄養素と呼ばれているんです。

厳密にいうと、すべてでは無いようで、正確には人間に必要な栄養素が殆ど含まれているということのようです。

先進国

日々の食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品やサプリ(サプリメント)として頼りになる存在

栄養の偏りは誰も教えてくれない

普段の栄養の偏りは、自分以外誰も教えてくれないんですよ!!。

病院に行くと、不足している栄養素を取るように指図されることもありますが、勘違いしてはいけないのが、病院というところは病気の人が行くところなんです。

だから、そこで言われることは、病気を治すために言われる事なんです。

自分の人生を、最期までより健康に過ごしたいと思うなら、自分の体に気を使い、体に良いと思った行動を取って行くことが重要だと考えます。

発展途上国

微量栄養素の不足に苦しんでいる人々に向けた食料援助物資の素材として、ミドリムシは大きな手助けとなりうる可能性を持っています。

ユーグレナGENKIプログラム

ユーグレナGENKIプログラム

(株)ユーグレナでは、「ユーグレナGENKIプログラム」のマークが入った、ユーグレナ社製品、もしくは協賛他社ユーグレナ製品を購入すると、1商品につき10円を(株)ユーグレナもしくは協賛他社が負担します。

その10円で、ユーグレナクッキー1食分をバングラディッシュの子供たちに提供しています。

ユーグレナクッキーは、バングラディッシュの子供たちに特に不足している栄養素を1日分、提供することができます。

1人分は、ユーグレナクッキー6枚なのだそうです。

(株)ユーグレナ、或いは協賛他社の計らいで、私たちがユーグレナ商品を購入することが、間接的に人助けに繋がっています。

2016年6月25日現在で、198万3889食ものユーグレナクッキーが提供されています。

ミドリムシからつくるバイオ燃料

ミドリムシバイオ燃料は枯渇しない

ミドリムシバイオ燃料は、石油などの化石燃料と違って資源が枯渇する心配がありません。

ミドリムシは高騰しない

トウモロコシやサツマイモからバイオ燃料を作ると、トウモロコシやサツマイモの値段が高騰する可能性があります。

それらの値段が上がるとその結果、それらを主食としていた、途上国の貧しかった人たちが、さらにトウモロコシやサツマイモを買えなくなってしまいます。

ミドリムシをバイオマスにすることにより、今の主食の食糧の値段に影響を与えることはありません。

ミドリムシバイオ燃料は軽質

ミドリムシは、微細藻類の中でも抽出されるオイルが軽質であるため、ジェット機の燃料に適しているということです。

ミドリムシからつくるバイオプラスチック

ミドリムシ(ユーグレナ)からバイオプラスチックをつくる研究が進んでいるそうです。

バイオプラスチックは、土に還ることができ、地球にやさしいプラスチックらしいです。

ミドリムシサプリ おすすめ

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリをお探しの方に向けて、
  • おすすめのミドリムシサプリ
  • 6種類のミドリムシ(ユーグレナ)サプリ お試し
をご紹介します。

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメント オススメ