ミドリムシ(ユーグレナ)からバイオプラスチックをつくる

ミドリムシ(ユーグレナ)からバイオプラスチックをつくる

ミドリムシ(ユーグレナ)からバイオプラスチックをつくる研究が勧められているそうです。

何でも、考えられているバイオプラスチックは、完全に土に還ることができるプラスチックなのだそうです。

現在のプラスチックは、土に還ることができないので、リサイクル用に回収されていますよね。

その後は、どのように扱われているのかは知りませんが、もしバイオプラスチックが本当に実現できたとすると、いちいちリサイクルしなくても済むんですね。

ミドリムシからプラスチックまでつくられるようになったら、その時はまさに石油に代わるものとして、ミドリムシが今よりもさらに世界中から注目をされるようになるのでしょう。

  • ミドリムシによって、地球の温暖化を防止
  • ミドリムシにより、枯渇する石油に代わってバイオ燃料で世界中の乗り物が動かせるようになる
  • ミドリムシによって、食糧不足を回避することができる

ようになります。

これって、別の言い方をすると、無限に使うことができる石油を作り出したのと同じことですよね。

日本は、現在石油燃料をほぼ100%輸入に頼っています。

これが、いよいよミドリムシのバイオ燃料が実現を開始した時は、逆に全世界に輸出するようになることが想定できます。

化石燃料である石油が、枯渇してくればくるほど、今度は日本が全世界に向けてバイオ燃料を供給することになるわけです。

ミドリムシは、太陽と水と二酸化炭素さえあれば、砂漠のようなところでも、大量培養できると訊いています。

しかし、世界には当たり前のようにその技術を盗んで、まるで我が国の手柄と言わんばかりに国家ぐるみで行動するような国も多々あるわけです。

そのような国がある限り、迂闊に培養技術を提供するというのも、問題ですね。

だとすると、国外でのミドリムシ大量培養は、そう簡単にはできるようにはならないでしょう。

しばらくの間は、日本全国でミドリムシの大量培養を行い、日本からバイオ燃料、バイオプラスチック、ミドリムシ食品等を輸出する以外、方法はなさそうです。

ミドリムシ生産プールを世界展開してしまうと、すぐにその技術を盗み出そうとする輩が活動を始めるでしょうから。

世の中、魑魅魍魎的な輩がウヨウヨと蔓延っていますから。

くれぐれの人が良い日本人は、技術を盗まれないようにしてほしいと願います。

それにしても、本当に日本人の技術ってすばらしいですね。

私は、日本に生まれたことを本当に誇りに思っています。

ミドリムシサプリ おすすめ

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリをお探しの方に向けて、
  • おすすめのミドリムシサプリ
  • 4種類のミドリムシ(ユーグレナ)サプリ お試し
をご紹介します。

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメント オススメ