2016年8月17日血液検査結果|中性脂肪・尿酸値の推移

ミドリムシ常飲 中性脂肪・尿酸値の推移|2016年8月17日

ミドリムシを飲み始めてから約6か月が経過しました。

今回、初めて尿素窒素が基準値を下回りました。

尿素窒素が低いということは、肝臓の機能が不全であること・タンパク質の摂取量が極端に少ないことが原因のようです。

只、尿素窒素が基準値を下回ったのは、今回が初めてなので、しばらくは様子をみたいと思います。

今回は、尿酸値が正常に戻りました。

ミドリムシの影響かどうかはわかりませんが、痛風の発作が既に一切出なくなっていることは間違いありません。

AST(GPT)、ALT(GPT)が、今回再び、基準値をオーバーしてしまいました。

今回は、初めてLD(LDH)値が基準値をオーバーしてしまいました。

LD(LDH)値とは、何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、はじめて血液中に漏れ出すそうです。

LD(LDH)値が高いということは、それだけ肝臓が障害を受けているという状態を反映しているそうです。

今回は、γ−GT(γ-GTP)も、初めて基準値をオーバーしてしまいました。

γ−GT(γ-GTP)は、肝臓や胆道に異常があると血液中増えてくる酵素のようです。

AST(GPT)・ALT(GPT)・LD(LDH)・γ−GT(γ-GTP)とも全てが高かったので、肝臓に何かしらの異常があったと思われます。

恐らく、前回の検査で中性脂肪が20年以上ぶりに正常に戻ったことで、調子に乗って暴飲暴食を繰り返したことが原因だと思われます。

中性脂肪が、調子に乗って暴飲暴食を繰り返したことが原因で再び基準値をオーバーしてしまいました。

いくらミドリムシサプリを飲んでいるからと言っても、キャパシティーには限りがあるので、それ以上のことには耐えられないようです。

この時期から私は、ミドリムシの含有量が多く、料金が安いミドリムシゴールドに切り替えました。

ミドリムシを多く摂ることで、どうなるのかを検証するという目的も兼ねています。

赤血球・ヘモグロミン・ヘマトクリットが、揃って基準値をオーバーしている状況です。

凝固線溶検査の値は、ワーファリン効果の参考資料なので、基準値とは比較できません。

ミドリムシサプリ:継続中


ワーファリン(ワルファリン)を飲んでミドリムシは摂取可能か?


前回分のデータと比較をしながら、確認をしていきます。

検査項目 基準値 2016/06/01 2016/08/17

アルブミン
C反応性タンパク
尿素窒素
クレアチニン
推定GFR
尿酸
総ビリルビン
AST
ALT
LD
γ−GT
CK
総コレステロール
HDLコレステロール
LDL/HDL
LDLコレステロール
中性脂肪
<血液一般検査>
白血球
赤血球
ヘモグロミン
ヘマトクリット
MCV
MCH
MCHC
血小板
<凝固線溶検査>
プロトロンビン時間
PT−INR
PT
BNP

3.9〜4.9 (g/dl)
0.0〜0.3 (mg/dl)
8.0〜20.0 (mg/dl)
0.60〜1.10 (mg/dl)
≧ 60
4.0〜7.0 (mg/dl)
0.2〜1.2 (mg/dl)
7〜38 (IU/L)
8〜42 (IU/L)
106〜220 (IU/L)
16〜84 (IU/L)
43〜272 (IU/L)
120〜219 (mg/dl)
42〜67 (mg/dl)


65〜139 (mg/dl)
30〜149 (mg/dl)


3.5〜8.5 (X10^3/uL)
4.30〜5.70(X10^6/uL)
13.5〜17.0 (g/dl)
40.0〜50.0 (%)
83〜100 (fl)
28〜34 (Pg)
32〜36 (%)
150〜350 (X10^3/uL)


10.5〜13.5 (秒)
0.90〜1.10
> 79 (%)
0〜18.4 (pg/ml)

4.5
0.3
8.4
0.76
83.8
7.5 H
1.2
37
44 H
211
74
136
149
53
1.40
74
116


6.9
5.67
17.1 H
49.6
88
30.2
34.5
206


33.4 H
2.88 H
21.1 L
56.8 H

4.5
0.3
7.3 L
0.74
86.3
6.2
1.1
44 H
49 H
223 H
88 H
184
162
49
1.71
84
166 H


6.8
5.81 H
17.3 H
52.0 H
90
29.8
33.3
226


34.6 H
2.99 H
20.2 L
62.6 H

いいね!・ツイッター よろしくお願いします

バナー原稿 560×220 (130225)imp

結局一番のおすすめはユーグレナの緑汁で決まり!