2018年3月10日血液検査結果|ワーファリン効果の推移

ミドリムシ常飲 ワーファリン効果の推移|2018年3月10日

ミドリムシを飲み始めてから約25か月が経過しました。

久々の血液検査結果のご報告です。

実は、以前はまめに検査結果を載せていたのですが、一時期検査結果がインデックスから外されるという現象が起きました。

ひょっとして、このような報告は似通った内容になってしまいガチなので、スパム扱いされているのではないか!?と思い、掲載するのを躊躇していました。

ところが、今回、主治医の先生からワーファリンの効果が弱まっているという指摘を受けました。

その原因をご報告しておこうと思います。

私は、現在ミドリムシでダイエットに成功し続けています。

というか、たまたまやり続けていたダイエットがうまく行き出したので、本腰で、ダイエットに専念する気持ちになりました。

それで、食生活を改善し、野菜が中心の食生活となり、1日2000キロカロリー以内に抑える食事を続けています。

その結果、コンスタントに1週間で1kg痩せるようになりました。


今回、指摘された内容は、PT−INRという項目で、ネットで調べると「プロトロンビン時間」というそうです。

ワーファリンコントロール時に用いる用語のようで、通常は2〜3にコントロールされるそうです。

この数値が私の場合、以下のように遷移しています。


PT−INR(プロトロンビン時間)の遷移

西暦 検査日 ミドリムシ継続期間
2014年

04/21:

1.11

04/28:

1.40

06/02:

1.78

07/14:

2.37

08/25:

2.27

10/06:

2.19

休止中

2015年

03/02:

2.53

04/27:

2.34

06/22:

2.74

08/19:

3.01

10/14:

2.67

12/09:

2.54

休止中

2016年

02/03:

3.06

03/30:

2.94

06/01:

2.88

08/17:

2.99

11/02:

3.00

3月からミドリムシ再開

2017年

01/18:

2.43

04/05:

2.90

06/28:

2.73

09/20:

2.27

12/09:

1.85

10ヶ月
13ヶ月
15ヶ月
18ヶ月
21ヶ月

2018年

03/10:

1.34

25ヶ月

ミドリムシは、2016年の3月から今まで欠かさず続けているのですが、ワーファリンの効果へは殆ど影響がないことがわかると思います。

私がダイエットで食生活を改善し始めたのは、2017年の6月からです。

データを見ると、2017年の6月から徐々にPT−INRの値が下がり始めて、ワーファリンの効果が下がっていることが確認できると思います。

この頃の食事は、野菜、きのこ、海藻、コンニャクが主体の食事で、わずかな量の魚、または肉を食べるという食生活に改善しました。

そして、本日!とうとう2を切ってしまいました。

それで、毎食殆ど欠かさずに食べているのが、トマトに小松菜かほうれん草のお浸しです。

その話を主治医の先生に話すと、「ワーファリンの量はこのままでいきましょう!しばらくは小松菜かほうれん草は控えるようにしてください」

「他の野菜は良いです。」と、いうことでした。

緑色をしている野菜には、殆どビタミンKが含まれています。

海藻類にも含まれているのですが、特にそれらは気にしなくても良いようです。


それにしても、ここまで顕著に数字に現れるとは、ある意味私的には、検査結果を信用することができるきっかけになりました。

いいね!・ツイッター よろしくお願いします

バナー原稿 560×220 (130225)imp

結局一番のおすすめはユーグレナの緑汁で決まり!