ミドリムシ(ユーグレナ) 胃潰瘍症状の緩和を示唆

ユーグレナ2週間継続胃潰瘍症状緩和

ユーグレナ粉末を含んだエサを2週間経口摂取させたあと、マウスに水泳ストレスを与え、急性の胃潰瘍を誘導し、その形成範囲を調査しました。

その結果、ユーグレナ粉末を含んだエサを摂取したマウスで胃潰瘍の形成範囲の抑制が確認され、胃潰瘍症状緩和の効果を持つ可能性が示唆されました。

これは、2015年6月5日に行われた日本ビタミン学会第67回大会にて発表された内容です。

発表内容に関する結果は、2015年4月8日に特許出願をしています。


参考:ユーグレナ研究レポート「ユーグレナ2週間継続胃潰瘍症状緩和」

胃潰瘍とは

胃潰瘍は、胃酸によって胃の粘膜が傷つけられ、痛みや出血を起こす現代病です。


主な症状

腹部膨万感(ふくぶぼうまんかん)
  • おなかの張り
悪心(おしん)
  • 吐き気
嘔吐(おうと)
食欲不振(しょくよくふしん)


胃潰瘍には急性と慢性があります。

急性

  • ストレス・非ステロイド性抗炎症剤、いわゆるアスピリン系の薬剤が原因
  • 小さな潰瘍変をたくさん形成する

慢性

  • ピロリ菌が主な原因
  • 単体として確認される大きな円状の単体の潰瘍変を形成する

胃潰瘍について

ミドリムシ(ユーグレナ)胃潰瘍

胃潰瘍に関しては、残念ながら私には全く縁が無い症状です。

私はこれまで、胃薬を飲んだことが数回あるかないかです。

どういうわけか、胃だけはめちゃくちゃ丈夫なんですよ!!

何が原因で、このように胃が丈夫になったのかはよくわかりません。

しかし、私は子供の頃から、ともかく好き嫌いが無かったので、その辺が原因なのかもしれません。

私は、子供の頃から、しいたけ大好き、トマト大好き、ピーマン大好きな子供でした。

そういえば、「胃はストレス等が原因で潰瘍ができる」ということを聞いたことがありますが、身近では物凄く神経質な会社のお得意さんが、胃潰瘍で入院したことがありました。

その方は、物凄く神経質な方で、ある日、洗面器一杯分の血を吐いて、救急車に運ばれたんです。

私は、その方と釣り仲間だったこともあり、すぐに連絡をいただきました。

慌てて、その病院に出向いたのですが、私が出向いた時にはICU(集中治療室)で寝ていました。

私は、物凄く大変な状態なのではないか!?

と驚いたのですが、目を覚まして私のことを確認すると、起き上がりICUから出てきて、廊下のベンチに促されました。

その時に聞いた話なのですが、人間の血液の量ってわずか体重の13分の1しか無いそうなんです。

人間の体の90%は水分と訊いていたので、私は物凄い量の血液が体内には流れているものとばかり思っていました。

よく考えると、そんなはずはなく、体内の肉にも水分は含まれているんですよね!?

その方は、恐らく80kgは無いくらいだと思うので、6リットルちょっとくらいの血液が体内にある計算です。


その方曰く、3リットルくらいの血液を吐いたと言っていたので、半分の血液を吐いた計算になります。

いずれにしても、「胃はストレス等が原因で潰瘍ができる」ということは紛れもない事実のようなので、そうならないためにも日頃から用心しておいた方が得策だと思います。

特に、ストレスが貯まり易い方、気が弱い方、心配性な方は尚更です。

私は、うちの奥さんの心配性が心配です。

いずれにしても、ミドリムシには、胃潰瘍の症状を緩和する効果があるようなので、これをきっかけに胃が弱い方がミドリムシを始めてみるのもアリではないかと思います。

このように、ミドリムシを継続摂取することで、他の健康効果が期待できるということも、安心感につながると思うので、胃にも良い影響が及ぶのかもしれません!?


いいね!・ツイッター よろしくお願いします

バナー原稿 560×220 (130225)imp

結局一番のおすすめはユーグレナの緑汁で決まり!