ミドリムシ(ユーグレナ)花粉症 緩和 効能・効果

ユーグレナ(ミドリムシ)で花粉症

(株)ユーグレナは、マウスによる実験の末、「ミドリムシでスギ花粉症のしょうじょう緩和」を示唆する研究結果を発表しました。

実験内容は、スギ花粉症モデルマウスにミドリムシを摂取したものとしてないものを比較するという内容です。

比較の内容は、マウスの鼻掻き行動の割合です。

マウスの鼻掻き行動は、スギ花粉症のしょうじょうのようですね。

ミドリムシを摂取したマウスが、摂取していないマウスに比べて、低下傾向を示したそうです。

その結果、ミドリムシを摂取することにより、スギ花粉症のしょうじょうを緩和する可能性が示唆されたということです。


参考:ユーグレナ研究レポート「スギ花粉症」

花粉症とは?

花粉症というのは、杉(スギ)や檜(ヒノキ)等の植物の花粉が原因となって、クシャミ・鼻水等のアレルギーしょうじょうを引き起こす病気です。

別名、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

日本では毎年、花粉症の人が爆発的に増えていて、現在25%の人が花粉症といわれています。

4人に1人が花粉症という計算ですね。

私も例外では無く、花粉症です。

日本では、約60種類の植物による花粉症が存在しているそうです。

私の場合、ぶたくさ(ブタクサ)による花粉症なので、スギやヒノキとは季節もずれています。

しょうじょうもスギやヒノキで苦しんでいる人よりも、それほど重くはないので、自分では未だマシなのではないかと思っています。

今後、いつスギやヒノキの花粉症にならないとも限らないので、十分に気をつけたいとは思っていますが、気を付けていてもこればかりはどうにかなるわけでもありませんね。

1度花粉症になると、2度と治ることはないそうです。

ige抗体とは?

花粉症になると、体内に抗体ができます。

IgE抗体は、即時型アレルギー反応(アレルゲン(アレルギーの原因となる抗原性物質)が体内に入った直後から数時間以内という短い時間でしょうじょうが出るアレルギー反応)をおこす抗体です。

アレルゲンによる感作(かんさ:ある抗原に対し敏感な状態にすること)が起こると、そのアレルゲンにだけ結合することができる特異IgE抗体が形質細胞(リンパ球の一種が分化した細胞)で産生(さんせい:作り出すこと)されます。

アレルゲンがダニであれば、ダニ特異IgE抗体、小麦であれば、小麦特異IgE抗体が産生されます。

産生されたIgE抗体は、血液中を流れて、皮膚や粘膜のすぐ下にいるマスト細胞(肥満細胞※)や、血液中を流れる白血球の一種である好塩基球の表面に貼りついて、アレルゲンと出会う機会を待ちます。

肥満細胞:哺乳類の粘膜下組織や結合組織などに存在する造血幹細胞(血球(動物の体内を巡る主要な体液)系細胞に分化(複雑化したり異質化したりするさま)可能な幹細胞(際限なく増殖できる細胞))由来の細胞

アレルゲンと出会った時に、アレルギー反応を引き起こします。

血液検査で測定できるアレルゲンは、現在200種類以上あります。

しかし、血液検査の結果、アレルゲンが特定できても、アレルギー反応が必ず出るとは限りません。

しょうじょうが出ないことは、しばしばあります。

ミドリムシ(ユーグレナ)花粉症の症状 緩和 効能・効果

ミドリムシ(ユーグレナ)には、「カフンショウ」が出た場合、そのしょうじょうを緩和するということが確認されています。

「カフンショウ」というのは、アレルギーの一種のため、体内では花粉に対する特異IgE抗体が産生されたということになります。

IgE抗体には、その量に違いがあり、多い少ないというものがあるそうです。

ミドリムシのパラミロンによるデトックス効果で、IgE抗体の量も減らすことができるそうです。

ミドリムシのパラミロンにより、IgE抗体の量を減らすことにより、そのしょうじょうを緩和することができるということです。

IgE抗体の量を減らすことができるのであれば、完全に無くすこともできると思うのですが、1度「カフンショウ」になると、2度と治ることはないということなので、完全にIgE抗体を体内から取り去ることはできないのでしょう。

できないのであれば、しょうじょうをなるべく緩和して、乗り越える以外、方法は無さそうですね。

でも、いずれは「カフンショウ」のメカニズムというか、アレルギーに対するメカニズムもさらにわかってくるでしょうから、その時まではミドリムシで花粉症のしょうじょうを緩和して、完全に完治するのを待つというのが得策ですね。

残念ながら、私は先ほども述べたようにブタクサのアレルギーを持ってはいるのですが、しょうじょうもそれほどひどくはありません。

ミドリムシはもう随分長いこと続けていますが、ブタクサによる花粉症のしょうじょうが緩和されたかどうかまでは確認ができるレベルではありません。

しかし、ミドリムシを飲んで、花粉症のしょうじょうが緩和したという人はたくさん口コミで確認することができます。

あえて口コミは載せませんが、今後機会があったらこちらも載せて行こうと思っています。

いいね!・ツイッター よろしくお願いします

バナー原稿 560×220 (130225)imp

結局一番のおすすめはユーグレナの緑汁で決まり!