ミドリムシ(ユーグレナ)を1日1g飲んでも効果があるとは思えない

ミドリムシ(ユーグレナ)を1日1g飲んでも効果があるとは思えない

ミドリムシ(ユーグレナ)を1日1g程度飲んでも効果があるとは思えなくないですか?

ユーグレナは1日500mg〜1,000mg取ることが推奨されています。

だから、どこのメーカーも、1日の摂取量が500mg〜1000mg以内に設定されています。

500mgは、0.5g、1,000mgは1gです。

当サイトで紹介している8種類のユーグレナサプリ、1日の摂取量は以下の通りです。

ユーグレナ1日の摂取量

  1. ユーグレナプラス
    • 摂取量:1日3粒で795mg(31日分)
  2. ユーグレナファームの緑汁
    • 摂取量:1日1包で500mg(31日分)
  3. 石垣島のユーグレナ
    • 摂取量:1日4粒で500mg(30日分)
  4. ミドリムシエメラルド
    • 摂取量:1日3粒で750mg(10日分)、4粒で1,000mg(20日分)
  5. バイオザイム
    • 摂取量:1日3粒で780mg(20日分)、4粒で1,040mg(10日分)
  6. ミドリムシゴールド
    • 摂取量:1日4粒で840mg(30日分)
  7. ミドリムシナチュラルリッチ
    • 摂取量:1日10粒で575mg(30日分)
  8. パーフェクトグリーン
    • 摂取量:1日3粒で720mg(30日分)

若干例外もありますが、大体どこのメーカーも1日の摂取量は500mg〜1000mg以内に設定されています。

たった1gのユーグレナを飲んだところで、どれだけ効果があるんだよ?って、思いますよね!?

でも、たった1gのユーグレナ粉末には、約10億匹のミドリムシが含まれているんですよ。

10億匹のユーグレナと聞くと、飲んだら何となく体に影響するのではないか?と思いますよね!?

毎日欠かさず、10億匹のユーグレナが体内に入るわけですから。

しかも、ユーグレナは植物と違い、細胞壁が無いので、93.1%の栄養吸収率なんです。

ミドリムシの栄養素の殆どを、体内で吸収することができるんです。

ちなみに細胞壁を持っている植物の場合、青汁やスムージーにしなければ、体内への吸収率は高くなりません。

そんなミドリムシですが、1gのミドリムシには以下のような栄養素が含まれています。

ミドリムシ1gに含まれる栄養素(一部抜粋)

  1. 亜鉛(0.75mg)
    • 車えび(生)[約50g]
  2. 鉄(0.48mg)
    • ほうれん草[約50g]
  3. ビタミンA(β-カロテン)(70.3μg)
    • きんかん[約50g]
  4. ビタミンB1(0.18mg)
    • 豚レバー(生)[約50g]
  5. ビタミンB2(0.06mg)
    • 鶏ささみ(生)[約50g]
  6. 葉酸(9.9μg)
    • さんま(生)[約50g]
  7. ビタミンB12(1.9μg)
    • たまご(卵黄)[約50g]

上記は、ミドリムシの栄養素の一部を抜粋したものですが、ミドリムシにはこれらの栄養素が全部で59種類も含まれているんです。

例えば、亜鉛を0.75mg摂るのに生の車えびを約50g食べなければなりません。

葉酸を9.9μg(マイクログラム)摂るのに生のさんまを約50g食べなければならないんです。

1μg(マイクログラム)は、0.001mgなので、物凄く少量ですが、たった0.0099mgの葉酸を摂るのに生のさんまを約50gも食べなければならないんですよ。

それが、ミドリムシサプリを飲めば、簡単にそれらの栄養素を摂ることができるというところがミドリムシの凄いところなんです。

ちなみに、ミドリムシ自体は、栄養素の塊なので、インチキもクソも無いわけです。

しかも、これら59種類の栄養素は、すべて人間に必要な栄養素なので、一切の無駄が無いんです。

ミドリムシの栄養素自体、人間の完全栄養素と言われていて、人間はミドリムシだけで生きていけるとさえ言われているんです。

でも、それは本当のところ、ミドリムシの栄養素は半分に過ぎず、実際はさらにその倍人間には必要な栄養素があるようです。

どうですか?

これらの話を聞いても、まだミドリムシ(ユーグレナ)を1日1g飲んでも効果があるとは思えないですか?

実際には、普段の食事にミドリムシのサプリで足らない栄養素を補うわけですから、絶対に栄養が今よりも不足するということはありえなくなるんです。

普段から、栄養さえしっかりと摂っていれば、将来病気になるリスクからは大分回避できると思います。

私は、若い時からさんざっぱら偏った食事を取ってきました。

その結果、いろいろな病気になってしまいました。

正直、後悔をしています。

そんな私でも、若い時は何の心配もしていませんでした。

若い時は、多くの人が健康であるため、将来の病気の心配なんかはできるわけが無いと思います。

将来病気にならないために、何かをする方が無理な話です。

でも、中にはいますよね!!

若いころから将来の病気の心配をして健康に気を付けている人が。

私は、反面教師的に言いますが、若い頃から将来の健康に向けて心配はするべきです。

健康あっての将来なので、健康に気を使って損することは絶対に無いのではないか?と思います。

若い時無理をした反動は、年を取った時に必ずやって来るのではないでしょうか?

今からでも遅くはありません。

私は、若い時無理をしたつけの解消にも、ミドリムシサプリを続けています。

一番信頼ができる、サプリメントではないでしょうか?

いいね!・ツイッター よろしくお願いします

バナー原稿 560×220 (130225)imp

結局一番のおすすめはユーグレナの緑汁で決まり!