ミドリムシ(ユーグレナ)栄養素

栄養素の桶の理論|重要なのはバランス良く摂ること

栄養素の桶の理論は、「えいようそ」を桶の枠組みに置き換えて、わかりやすくバランスの重要性について、解説します。

「ユーグレナファームの緑汁 粒タイプ」の公式ページでは、「桶の理論」について、詳しく解説をしています。

ミドリムシ(ユーグレナ)には59種類が含まれていて、正に最高バランスです。


ユーグレナファーム緑汁 粒タイプ

栄養素の桶の理論とは?

ミドリムシ ユーグレナ 効果 効能

桶の枠組みを、それぞれ栄養素に置き換えて考えてみると、「えいようそ」というのはバランスよく摂らなければ、無駄になってしまうということなんです。

1種類だけ極端に少なかった場合、すべてが流れ出てしまいます。

また、1種類だけ余分に摂ったところで、同じく余分に摂った分はすべて流れてしまい、その「えいようそ」の効果が得られないということです。

桶の理論は、よくアミノ酸について例えられることが多いですが、「えいようそ」についても同じことが言えます。

これはどういうことかというと、普段食べている食事にみどりむし(ユーグレナ)を摂ることにより、さらにえいようのバランスが良くなるということです。

えいようバランスの全体的な底上げ効果が期待できるということです。

栄養素のバランスが良くなれば、さらにそれぞれの相乗効果も期待でき、身体にとって良いことが増えることは間違いないでしょう。

テレビや雑誌等のメディアで紹介されるには、1種類の栄養素についてのものが多いですが、それだけを摂っても意味が無いということなんです。

紹介された栄養素が多く含まれる食品を食べることも大切ですが、それに59種類ものえいようを持つ「ミドリムシ」を摂れば、えいようのバランスについては間違いが無いと言えるのではないでしょうか!?

いいね!・ツイッター よろしくお願いします