ミドリムシ(ユーグレナ)肝臓健康維持効能・効果|活性酸素とは?

ミドリムシ(ユーグレナ)肝臓健康維持の根拠

(株)ユーグレナは、「ミドリムシの粉末やユーグレナ特有の成分であるパラミロンの粉末の継続摂取により、肝硬変や肝臓がんの発症につながる恐れのある非アルコール性脂肪性肝炎による肝臓の線維化を抑制することを示唆した研究結果」を2016年11月24日に確認したそうです。

今回の実験は、非アルコール性脂肪性肝炎を発症させたモデルマウスにユーグレナ・パラミロンを加えたエサを27日間食べさせ、肝臓の線維化への影響を測定したそうです。

その結果、ユーグレナ・パラミロンを加えたエサを摂取したマウスは、通常のエサのみを摂取したマウスよりも肝臓の線維化が有意に抑制されたことを確認したそうです。

肝臓の線維化(肝線維化ともいうようです)は、非アルコール性脂肪性肝炎だけに留まらず、肝炎ウイルスやアルコールによる炎症に伴って起こるそうです。

しかし、ここでは敢えて非アルコール性脂肪性肝炎と言っているのは、恐らくマウスにアルコールを飲ませて発症させたわけではないので、非アルコール性脂肪性肝炎と表現されているのではないかと思われます。

非アルコール性脂肪性肝炎による肝臓の線維化を抑制

肝臓におけるメタボリックシンドロームといわれている非アルコール性脂肪性肝炎は、脂肪肝から生じる炎症性疾患です。

症状が進行すると肝臓が線維化します。

肝硬変や肝臓がんの発症につながる恐れがあります。

非アルコール性脂肪性肝炎の治療法については、現在は確立されたものがありません。

食事・運動療法による体重減少等の生活習慣の改善が基本となっています。

病態の進行を抑える新たな手段が求められています。


ミドリムシ(ユーグレナ)肝臓健康維持効能・効果|活性酸素とは?

ミドリムシ(ユーグレナ)肝臓健康維持効能・効果

肝臓では、エネルギーを作り出したり、有害物質を無毒化する作業をしています。

その時々では、障害性の強い活性酸素が発生します。

そのため肝臓は、免疫システムや、体内酵素等で、自身を防御しています。

しかし、暴飲暴食や、加齢、ストレス等により、肝機能が弱って来ると、これらの防御機能も低下してしまいます。

地球上でミドリムシ(ユーグレナ)だけに含まれる物質、パラミロンのラットを使用した実験では、以下のことが分かっています。

  • 有害物質による肝臓へのダメージの減少
  • 活性酸素分解酵素(かっせいさんそぶんかいこうそ)の活性が低下しにくくなる。

活性酸素とは?

化学反応が起こりやすくなった酸素のこと。

体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化促進などの原因になると言われています。

私は、「人間の体も鉄と同様に錆びる」と訊いたことがありましたが、今一ピンときませんでした。

しかし、鉄が錆びるということは、鉄が酸化するということなので、そのように考えたところ、「人間の体も鉄と同様に錆びる」ということが、理解できました。

体内で過度に発生した活性酸素は、老化防止のために抑制しなければならないんですね。

生体内で、酸素が関与する有害な作用を抑制する働きのことを、抗酸化作用(こうさんかさよう)と言います。


他の効果を確認する


ミドリムシに含まれる栄養素の肝臓に関する効果

アミノ酸

  • 肝機能を強化−リジン
  • 脂肪肝予防−スレオニン
  • 肝機能促進剤−アスパラギン酸
  • 肝機能を改善−アラニン

不飽和脂肪酸


  • 肝臓脂質の代謝を促進−パルリトレイン酸

いいね!・ツイッター よろしくお願いします