精神力を鍛える方法|何かをやり抜こうとする意志のちから

精神力(気力)を鍛える方法

精神力(気力)とは、「何かをやり抜こうとする意志の力」という意味です。

私は、自分自身の体験である高血圧の改善やダイエット、健康維持等を続けてきました。

それで当サイトではミドリムシ(ユーグレナ)について、その凄さ、すばらしさを調べて、ご紹介してきました。

その時、ミドリムシの効果一覧を見て、フッと思ったのですが、「これらは全て根本にあるものは精神力ではないのか?」ということに気が付いたんです。

高血圧の改善には、塩分控えめの食事を毎日摂るように努力をしなければなりません。

ダイエットをするには、摂取したカロリーを減らすために、適度な運動を毎日続けていかなければならないです。

長生きをするためにも努力は必要だし、健康寿命を延ばすにも、その努力をしていかなければ、決して延ばすなどは敵わないんです。

当サイトで、ミドリムシの効果について調べている時、「これらはどれを取っても、全てやり続けなければならないものばかりだ」と気が付いたんです。

「やり続けなければならない」というのは、非常に重い言葉で、その言葉を聞いただけで「自分には無理だ!!」と、拒否反応を示す人もいるでしょう!?

しかし、それはそうではなく、精神力は味方にすると、これほど頼もしいものはなく、強靭な精神力を身に付ければ、世の中がもっと生き易くなるものだと思います。

私が当サイトでも紹介してきた、これら全てがうまく行き出すものだと思っています。

私は現在、この歳で精神力の重要さにようやく気が付き、強靭な精神力を身に付ける努力を続けているところです。

精神力を鍛えるということを目的にすれば、「やり続けなければならない」という意識は持たなくても、結果的に続けていくことができると思います。

私が現在、どのようにして精神力を鍛えているかについて、ご紹介したいと思います。


精神力の鍛え方


精神力というのは、先ほども申しました通り、「何かをやり抜こうとする意志の力」という意味です。

精神力を鍛えるに当たって、何かをやり続けていかなければならないので、やり続ける何かを決めなくてはなりません。

私が最初に思ったのは、当時は太っていたので、ダイエットを兼ねて、会社の帰りに1時間歩いて帰ることに決めました。

その時、私は何かを最後までやり抜いたことがなかったので、自分自身に「これができないようでは、自分はこの世には必要の無い人間」だと頭に叩き込み、出来なかった時はこの世から身を引く覚悟を決めました。

ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ここまでしないと自分の意識の中には叩き込めません。

だから、命がけで自分が決めたことを最後までやり抜くということを意識に焼き付けて、後はひたすら行動あるのみです。

何かをやり通すという目的が、見つからないという人も中にはいるかと思います。

そのような方は、無難に私と同じように、1時間のウォーキングを目的にしてみてはいかがでしょう!?

ウォーキングなら、カロリーを消費するという意味でダイエットにもなりますし、歩くということは健康にも結びつきます。

何かを続けていくということに意味があるので、目的は何でもいいということになります。

但し、やり続けていくことの強化なので、自分には無理だと思えるような内容を目的にする必要があります。

当時の私は、何年も歩き続けていましたが、決して痩せることはありませんでした。

会社の帰りに5km歩いて帰ったところで、家に着いてからは深夜遅くに食べる晩御飯が待っています。

それを食べてから寝るので、太りはしませんでしたが、痩せるわけがありませんでした。

しかし、私はダイエットをすることが目的ではなく、何かをやり続けることが目的だったので、やり続けていけたんです。

これができなかった時は、自分自身を終りにしなければならなかったからです。


「そんなもの誰かに言ったわけじゃないんだから、適当にやってればいいじゃない!?」

と、思う方も中にはいるかもしれません。

しかし、そうではないんです。

自分自身に決意を叩き込んでいる手前、そこには絶対に嘘のつきようはありません。

もしも出来なかった時は、この世からいなくなる覚悟を決めているので、いなくならなければいけないんです。

もしも、いなくならなかったにしても、その時は自分自身の中に「命をかけていても、こんなことも続けられなかった」ということを確認することになります。

明らかに自分自身は、生きていても何の価値も無いということが再認識させられてしまうんです。

そうなると、もう次は何かをやろうとする気持ちなどは起きなくなってくるのではないでしょうか?

起きたとしても、どうせ自分にはやり通すことなど、できるわけがないんです。

そうまでしても、世の中に残りたいかどうかだと思います。

このことがどういうことか?

分かる人なら、必然的にどのように行動すればいいかがわかってくることでしょう。

そうならないためにも、必然的に続けていかなければならないことだと自覚することができるのではないでしょうか?


成功体験をすることで新たな目標が生まれる


このように何かを続けていく努力をすることによって、続けることが当たり前だと思い、何の苦もなく続けられるようになります。

すると、ある時、予期せぬ結果が急に現れてきたりします。

私の場合、ある時履いていたズボンのベルトが、やけに長いことに気が付きました。

当時は、既にダイエットのことなど頭に無かったので、全く気が付きませんでしたが、体重計に乗ってみると物凄く痩せていたことに気が付きました。

歩き続けていたことにより、基礎代謝がアップしたことが想定できました。

ひょっとすると、ちょっと辛めな運動を続けて来たことにより、ミトコンドリアの量が増えたのかもしれません。

そうなってくると、今度は新たな取り組みとして、本腰を入れてダイエットをしようと思えてくるものです。

私の場合、1日3食で2000kcalに抑えるという目標を立てたのですが、既にある程度精神力が鍛えられているので、難なく続けることができるようになりました。

それからというもの、基礎代謝はドンドンと上がり、現在では毎週コンスタントに1kgのダイエットに成功しています。

痩せてきたことにより、今度は高血圧も改善されてきたんです。

以前は、血圧降下剤を飲んで、130台をキープするように調整されていたのですが、上の血圧が100台になってしまいました。

これでは、低すぎると思い、主治医の先生に相談したところ、血圧の薬の量が4分の1にまで減らすことが出来ました。

そうなってくると、今度は高血圧をもっと改善しようと、食事の塩分の量をもっと少なくしようと思い始めることができるようになるんです。

このように、成功体験を続けていくことで、何から何までうまく行き出すんです。

だから、私はそういう意味で、あらゆる病気も精神力を鍛えることで、何から何まで改善されていくのではないか?と思ったんです。


すべて元気が源

しかし、精神力というものは、何かをやろうとする気力が無ければ決して鍛えることなどできないんです。

私は以前、ぎっくり腰と椎間板ヘルニアを連続して発症してしまい、3ヶ月間会社を休んだという経緯がありました。

もう、何かをやろうとは、これっぽっちも思ったりしませんでした。

そんな時、血管年齢を若返らせることを目的に始めたミドリムシで、たまたま元気を取り戻すことができました。

すべては、そこからが始まりだったんです。

いいね!・ツイッター よろしくお願いします

お試し ユーグレナ みどりむし


 

関連ページ

自信を持つ方法